埋没毛の治し方

 

埋没毛にいい クリームやジェルを探していますか?

 

埋没毛(埋もれ毛)、ホントに嫌ですよね。
私も足の埋没毛を見つけると、ホントに、嫌な気分になります。。。

 

脇だけでなく、ビキニラインも結構目立つんで、恥ずかしいんですよね・・・。

 

そんな埋没毛にいいものはないか、自分で治せないのかといろいろ調べていてたら、埋没毛を治すには、何よりも「保湿」が必要だと知りました。
保湿って言われても、ピンときません。
お肌を保湿することで、なんで埋没毛が治るの?って感じですよね。

 

むしろ、埋没毛を治すには、埋まった毛を早く表面に出して抜けてしまうようにしたいので、スクラブとか、お肌のピーリングみたいなことのほうが大事なんじゃないの?って思うから。

 

でも、実は「ピーリングやスクラブは埋没毛には逆効果」なんですって!

 

その理由は、「埋没毛が出来る原因は 角質の過剰分泌!」なんです。

 

角質の過剰分泌が起こると、角層が剥がれ落ちる前にさらに角質層が作られて厚くなり、生え変わりの毛がうまく出られずに埋まってしまうということなんです。

 

んじゃー、角質の過剰分泌をやめるにはどうしたらいいの?
それは、肌のターンオーバーを整えることなんですね。
埋没毛にさせないためには、必要なのが、お肌をしっかり保湿して整え、さらにはターンオーバーを正常にすることなんです。

 

そこで、その原理を取り入れて開発された「埋没毛専用クリーム」が、ストレミラインという医薬部外品のクリームでした。

 

 

>>埋没毛をきれいにするクリーム ストレミライン詳しくはこちら<<

 

 

埋没毛にいい ストレミラインとは? ニベアはどうなの?


今、埋没毛専用クリームとしては、ほとんどない状態で、このストレミラインが埋没毛専用クリームと言ってもいいと思います。

 

お肌の保湿をすれば、埋没毛がキレイになるというなら、普通のボディクリームとかで良いんじゃないの?と私は思いました。

 

ですが、市販のボディ用保湿クリームやジェルでは、効果がなかなか出にくいのです。

 

というのも、通常売っているボディクリームは「保湿」のみの効果です。
埋没毛専用には作られていないのでお肌の表面を潤すのみの効果ということです。

 

できてしまった埋没毛をなくすという効果はないんです。

 

埋没毛ができてしまっているということは、すでに、角質が厚くなっている、ということなので、保湿ケアだけでなく、お肌のターンオーバーを正常に戻す効果が必要なんです。
ストレミラインには、市販されているボディケアには全く入っていない、15種類もの有用成分が入っているので、お肌表面だけではなく、さらにお肌の角質層に浸透して、お肌のターンオーバーに直接働きかけるので、埋没毛がなくなるスピードも圧倒的に早くなるんですね♪

 

その証拠に、ストレミラインは、化粧品よりも効果があると厚生労働省が認めている「医薬部外品」という承認を受けています。

 

埋没毛をケアするのに一番いい成分が選ばれているんですね。

 

 

>>医薬部外品の埋没毛ケアクリーム ストレミライン 詳しくはこちら<<

 

 

 

 

そして、保湿効果が高いものほど、ベタつきが気になることもありますよね。

 

私もニベアボディを買って使ってみたりするのですが、すぐ使うのをやめてしまうんです。
それは、ベタベタして、洋服がなかなか着れないんですよね。寝る前もなかなか使いにくいんです。
なので、夏場はどうしてもボディクリームを使うのが減ってしまいます。

 

でも夏場は露出が多いので、ムダ毛の処理を毎日カミソリで行って、保湿ケア

実際にストレミラインを使ってみたら

実際に「ストレミライン」を使ってみました。
私の埋没毛はすねとビキニラインが特にひどいので、この2箇所を中心に使いました。
すねは、範囲も広くて、毛が生えたり、埋没毛になったり色々です。

 

逆にビキニラインは、狭い範囲に埋没毛がたくさんあって、お肌がデリケートでもあるので、炎症したり、長い埋没毛が見えたりしています。

 

特にビキニラインは毛抜きを使って抜こうと思って余計に炎症したりすることがありますね。

 

一日二日では治らないと思いながらとにかく、毎日コツコツと塗りました。

 

ストレミラインのいいところは、クリーム状というより、ジェルなんです。

 

なので、全くベタつきが無いんです。
なので、塗ったあと、すごく浸透するのですぐに洋服を着ることができるのが良いですね。

 

 

ストレミラインは少量でもコスパがいいので、一ヶ月は十分持つ感じですよ。

 

 

>>ストレミライン 初回特別価格で始める ページはこちら<<

 

 

 

更新履歴